東栄住宅の坪単価54万~60万円!注文住宅の口コミ評判や価格を検証

本記事に広告プロモーションを含みます

東栄住宅は、飯田グループホールディングスの一企業で、分譲住宅中心のビルダーです。長期優良住宅の取得件数が全国で第4位、住宅性能評価をすべての家で取得するといった、第三者から見ても信頼できるハウスメーカーです。

土地の仕入れ、地盤、設計、施工、販売、アフターサービスまで一貫して行っており、飯田グループホールディングスのバックアップもあり、高品質な住宅を適正価格で販売し、多くの方から喜ばれているのが強みです。

飯田グループホールディングスの中には、飯田産業をはじめ、ハウスメーカーが存在しますが、コンセプトや方向性は異なっており、比較してみると全然違います。

分譲ビルダーであるため、手掛けている家の多くは建売販売の分譲住宅ですが、注文住宅も手掛けており、こちらは、細部までこだわることができるなど、100%完全自由設計の家です。

本記事では、東栄住宅が手掛ける家の特徴や、費用感についてまとめています。東栄住宅は、一部地域を除き、全国に展開していますが、都内中心や首都圏近郊で家を持ちたいとお考えの方には強い味方になってくれるでしょう。

東栄住宅の坪単価

東栄住宅の坪単価は、約54~60万円です。

ローコスト住宅は、30~50万円程度、一般的な住宅の坪単価は60万円程度ですので、坪単価での価格帯を見るとローコスト住宅のハウスメーカーと言えるでしょう。

しかし、東栄住宅の場合、分譲住宅と注文住宅でブランドがわかれます。注文住宅の坪単価の場合は、高くなります。

価格を抑えたい場合は、分譲住宅を。こだわりたい場合は、注文住宅と2つの選択が取れるハウスメーカーです。

また、長期優良住宅仕様で、住宅性能評価書も取得しているため、同価格帯のハウスメーカーの中では信頼できる会社と言えるでしょう。

東京のハウスメーカーで同価格帯の平均坪単価

東栄住宅は一部地域を除いて全国に営業所がありますが、本社があるのは西東京市です。都内には12の営業所を構えています。

そこで、都内を中心に活動するハウスメーカー5社の平均坪単価を中心に比較してみましょう。

各社坪単価
桧家住宅約45〜60万円
TAINN DESIGN約60~100万円
ジェネシス約80~120万円
兼六土地建物約70~90万円
トーヨー建設約75~95万円

都内中心に自由設計をコンセプトにした会社や土地の仕入れから企画・設計、アフターサービスまで一貫して行っている会社と比較してみましたが、東栄住宅の方が坪単価は安いように感じます。

東栄住宅は、長期優良住宅仕様かつ住宅性能評価書を取得しているため、同価格帯であれば、第三者のお墨付きが得られているハウスメーカーの方が安心できるかもしれません。

分譲住宅と注文住宅で、比較対象は変わっていきますが、参考にしてみると良いでしょう。

新宿店!体験レビュー

東栄住宅の商品別の特徴と坪単価

東栄住宅は、分譲住宅と注文住宅でブランドが分かれています。分譲住宅は、ブルーミングガーデンで、注文住宅は、ブルーミングクラフトです。

分譲住宅ブルーミングガーデン
注文住宅ブルーミングクラフト

どちらにおいても、細かく住宅商品が設定されているわけではありませんが、注文住宅は完全自由設計のお家です。ここでは、注文住宅の特徴を紹介します。

100%完全自由設計

ブルーミングクラフト公式サイト

ブルーミングクラフトの家づくりは、100%完全自由設計です。ハウスメーカーの中には、完全自由設計と打ち出していても、ある程度の方向を示した商品が設定されていたりします。

自由設計といっても様々なのが実情です。

間取り・設備・仕様を含め、すべてが自由だからこそ、建てたい家がつくれる。コストは高くなりそうですが、低く抑えられているのも特徴です。

住宅の基礎となる性能は高く、耐震も断熱も安心な家なのは当たり前として、どこにこだわってどこを抑えるかに重点を置いています。

コストパフォーマンス

100%完全自由設計となるとコストは跳ね上がりそうに感じます。しかし、理不尽に高くなるわけではなく、適正価格での提供を努力しています。

それを可能としているのは、工務店への一括発注ではなく、それぞれの工程で部門ごとに専門業者へ発注することで、中間マージンが発生せず、不必要なコストを努力でカットしています。

飯田グループのバックアップで、住宅資材を大量に仕入れ、コストカットを実現。設備メーカーや工事業者にも安定的な取引により、合理的にコストを抑えることにも成功しています。

総合住宅展示場への出展を取りやめ、将来売却する街角リアルモデルという形に変更し、お客様への販売価格に転化することなく、コストを抑えられています。

また、取引先からの紹介も多く、大きな広告宣伝費を掛けていないというのも大きな理由です。

「長期優良住宅」標準仕様

長期優良住宅は、国が定める厳しい基準をクリアした住宅だけが認定を受けられます。

この認定を取得することで、住宅ローンの金利優遇や税制面でのメリットが多く得られます。メンテナンスの記録も残せるため、売却する際にも有利になるケースも。

多くの利点が得られる長期優良住宅が標準仕様で作られます。

「住宅性能評価書」ダブル取得

住宅の性能が良いと言うことや表記するのは簡単ですが、具体的には?と思われることもあるでしょう。

住宅性能評価書は、以下の10の項目で性能を可視化しています。

なお、住宅性能評価書は、設計時の評価(設計住宅性能評価)と建設完了時の評価(建設住宅性能評価)の2種類があります。ブルーミングクラフトは、両方とも取得しています。

ZEH(ゼッチ)

ZEH(ゼッチ;Net Zero Energy House)とは、エネルギーを自給自足できる住まいの基準です。

高い効率を誇る設備や断熱材を活用し、省エネを実現。太陽光発電などで創エネを行い、年間の消費エネルギーの収支がゼロになることを目指します。

省エネ・創エネ住宅を建てようとすると、建設コストがかさみますが、様々な金銭的な優遇から、手の届く範囲の価格で提案してくれるでしょう。

なお、東栄住宅は、ZEHビルダーとして登録されており、補助金申請も視野に入れられます。

東栄住宅の口コミ評判

東栄住宅の口コミを探してみました。

東栄住宅の3つメリット

東栄住宅のメリットについて調べ、考察してみました。メリットを3つ紹介します。

編集部
編集部

第三者機関お墨付きの高評価の家

建物の耐久性や設備など、外部からのお墨付きがあると安心できますね。長期優良住宅仕様で、住宅性能評価書も取得しているため、建物自体に不満は少ないと思います。

価格を抑えながらも高品質の家が欲しい方には良いかもしれません。

編集部
編集部

自由度の高い注文住宅

注文住宅の話になってしまいますが、100%完全自由設計であり、小さなところまでこだわりを盛り込めます。さらに、要望を細かく伝えた場合、コストが跳ね上がる可能性もありますが、予算内にきっちり収めて提案してくれるのも良いポイントです。

編集部
編集部

社内外から愛される家

建物の施工件数も多いですが、社内からも東栄住宅の家を進んで買いたいという声が多いようです。分譲住宅であっても、いわゆる建売のチープさが少ない内装で、おしゃれな面も評価されています。

東栄住宅がおすすめなのはこんな人

東栄住宅がおすすめできるのは、ローコストで高品質な住宅を手に入れたいという方と完全自由設計のフルオーダーの家を建てたいという方になります。

飯田グループホールディングスの傘下であるため、建築資材の大量仕入れにより、コストは削減していますし、建物の建設も様々な分野の専門業者に細分化して依頼しており、さらに定期的な発注により、安定した価格が可能となるのもコスト削減の要因となっています。

分譲住宅の場合は、売り出しているエリアが、欲しいエリアかつ立地なのかが重要ですので、公式ホームページより検索してみてはいかがでしょうか。

内装も建売の中ではおしゃれなので、少しでもこだわりたい人にはおすすめです。