アクティブハウスの坪単価59万~66万円!注文住宅の相場・口コミ評判を宅建士が解説

本記事に広告プロモーションを含みます

アクティブハウスは、東京・千葉・愛知エリアを中心にローコスト住宅を数多く販売しているハウスメーカーです。手掛けているのは企画型注文住宅で4800ものパターンから建てたい家を選ぶ形式をとっています。

ローコスト住宅は、安いけれど必要最低限の設備というようなイメージをお持ちかもしれません。しかし、アクティブハウスが手掛ける家は、耐震基準も高く、エネルギー効率も考えられています。

さらには、建てた方の満足度が高く、高評価を得ています。

本記事では、アクティブハウスが手掛ける家を中心に、費用面や設備などを中心にお届けします。建ててよかったと思えるハウスメーカーなのか、最後までご覧いただければ見えてくるでしょう。

アクティブハウスの坪単価

アクティブハウスの坪単価は、約59~66万円です。一般的なローコスト住宅が40~50万円という相場ですので、ローコスト住宅として見ると少し高く、一般的な住宅からすると少し安い坪単価といえます。

アクティブハウスの基本設備を調べてみると、地震に強い「耐震等級3」が標準仕様で、省エネ基準の「ZEH」、温度管理もしっかり整えられた夏涼しく冬暖かい家と、安全性の高い住まいを提供しているため、相場より安いといえるかもしれません。

また、1,000万円台から建てられるプランもあるため、予算が限られている人にとって強い味方となるでしょう。

アクティブハウスの基本プランは、建売住宅より自由度が利く、企画型注文住宅です。決められたプランの中から選ぶことで、迷わず、ご自身のライフスタイルにぴったりな家づくりを実現できます。

東京のハウスメーカーで同価格帯の平均坪単価

アクティブハウスと同じく東京や首都圏エリアの耐震性と断熱性・気密性に優れた住宅を手掛けるハウスメーカーと坪単価を比較してみましょう。

各社坪単価
パステルパレット約35~75万円
飯田産業約45〜60万円
檜家住宅約46~75万円
イーカム約50~60万円
バウハウス約54~67万円

中には、アクティブハウスより安い坪単価での建築が可能なハウスメーカーも存在しますが、1,300万円台で建てたというケースも有り、同等の設備の家ならアクティブハウスの方が安いというケースも存在します。

高品質な家を可能な限り安い価格で建てたいとお考えの場合は、アクティブハウスを基準に相見積りを取ってみると良いでしょう。

新宿店!体験レビュー

アクティブハウスの商品別の特徴と坪単価

アクティブハウスは、企画型注文住宅を提供しているハウスメーカーです。そのため、住宅商品というものはございません。以下の合計4,800から選べます。

  • スタイル(4種)
  • デザイン(3パターン)
  • 間取り(100種)
  • 屋根の形(4パターン)

そのため、建てたい家のイメージに近いものが見つかるはず。

なお、全てのパターンを見る必要はありません。建てる土地の広さとライフスタイルの状況によって間取りのパターンは数個に絞られます。スタイルやデザインも好みによって絞られてきます。屋根の形も機能面とフォルムから見て、どれが一番フィットしているか決めることになります。

そのため、4800の選択肢があるように見えて、実際は10程度の中から熟考していく形になるでしょう。

それぞれの選択肢について見ると同時に、標準仕様も知っておきましょう。

スタイル4種

転用:アクティブハウス

内装のスタイルは、ピュアモダンスタイルとガーリィスタイル、ロックスタイル、ヴィンテージスタイルの4種です。

ご家族の好みだけでなく、普段着ている服装も考慮した色調や素材を選びます。流行を意識しつつも、将来的にも馴染む空間や家具の色合いや素材を選択します。

デザイン3種

転用:アクティブハウス

デザインは、お部屋のカラーバリエーションを選択していきます。独立して設定されているわけではなく、スタイルに紐づいた形で3パターンから選ぶ感じです。

大きく分けて、明るい色、落ち着いた色、ナチュラルカラーの3つが用意されています。

全体的に、シンプルかつ飽きのこない、爽やかで洗練されているデザインからお選びください。

間取り100種

間取りのプランは100種用意されていますが、坪数によって提案されている内容が異なってきます。

建物価格の参考も明示されており、

24坪1,497万円
27坪1,612万円
29坪1,721万円
32坪1,886万円
33坪1,913万円
35坪1,979万円
※建物本体の価格で付帯工事費も含む。

公式ホームページには、各土地の広さごとに3つずつ選択できるようになっています。掲載されてない間取りもあるため、お問合せをしてみると良いでしょう。

間取りだけでなく、玄関の方角や部屋割りも合わせて選びます。

ルーフタイプ

屋根の形も選ぶことができます。大きく分けると、オーソドックスなタイプの「切妻」、横だけでなく前後も雨が落ちるような設計の「寄棟」、片方側に雨水が流れる「片流れ」、良いところを反映させた「ミックス」の4つです。

屋根は外観の印象を決定づける要素です。他の3つの選択で決めた後に、どのルーフタイプが良いか、見てみると良いでしょう。

地震に強い住まいs

転用:アクティブハウス

アクティブハウスの標準仕様として、耐震等級3が標準となっています。消防署や警察署など、防災の拠点となる建物レベルの耐震性を有しており、数百年に一度規模の地震にも倒壊を防ぎます。

耐震性を高めているのは、住まいを強固に支えているベタ基礎で、建物の重量を地盤にしっかり伝えることで、地震や台風などのねじれや歪みを食い止め、衝撃を地盤へ逃します。

さらに、床材には、床張りと床合板を一体化させ、地震や台風時の強い力に対し、変形や破壊が生じにくい構造となっています。

これらが標準仕様となり、建物を各種災害から守ります。

未来基準のZEHの家

転用:アクティブハウス

2030年に義務化される予定の省エネ基準に適合した高気密・高断熱・高遮熱の家が標準仕様とないっています。

夏涼しく冬暖かい家を実現し、一年を通じて家族全員が健やかな毎日を暮らせるようになります。

そのため、少ないエネルギーで快適に過ごすことができるでしょう。電気代の節約にもなりますし、ヒートショックを防ぐ役割も併せ持っています。

アクティブハウスの口コミ評判

アクティブハウスの3つのメリット

アクティブハウスのメリットについて調べ、考察してみました。メリットを3つ紹介します。

編集部
編集部

若いうちから建てられる家

建物の本体価格が1000万円台から設定されているため、資金に余裕のない若者世代(20代、30代)におすすめできるのが大きなメリットです。費用が抑えられるということは、それ以外に予算を回せること。趣味や子供にお金をかけたい世代はもちろん、余裕のある上の世代でもおすすめできます。

編集部
編集部

ユーザーの声を吸い上げた主婦目線のプラン

4800種から選べる企画型注文住宅は、常々進化しており、実績ベースに要望を細かく吸い上げ、内容に落とし込んでいるところです。収納が充実していたり、必要なところに用意されていたり、料理をしながら子供の様子を見れるなど、主婦目線のプランで生活しやすい家づくりを実現しています。

編集部
編集部

1000万円台から充実した設備の家

1000万円台から建てられるローコスト住宅に比べて、標準仕様の基本設備やアフターフォローに至るまで充実しています。耐震性に関しては、最高等級3を取得し、断熱性や遮音性、気密性に優れた家づくりを行っています。

ローコスト住宅と聞くと、住宅設備まで最高のものを用意できないイメージがあります。アクティブハウスは、安全・安心を盛り込み、長く快適な家づくりを行っています。

アクティブハウスがおすすめの人

アクティブハウスをおすすめできるのは、20代、30代の若者世代かつ、子育て世代の方です。

耐震性に優れ、夏涼しく冬暖かい家を1000万円台から建てることのできるアクティブハウスの企画型注文住宅は、時代にマッチした過ごしやすい家になるでしょう。さらには、将来設計も見据えて、ライフスタイルの変化にも対応できます。

さらには、アフターフォローにおいても、ローコスト住宅の概念を壊すようなサービスで、20年のオリジナル保証に加え、地盤保証、シロアリ保証も実施しています。

様々なコストカットを実現し、価格を下げることを実現していますが、モデルハウスなどは実際にあり、直接触れることも可能です。これらも合わせてみて、アクティブハウスの良さを実感してみてはいかがでしょうか。