コトブキホームビルダーの坪単価65万〜80万円!注文住宅の相場・口コミ評判を解説

本記事に広告プロモーションを含みます

コトブキホームビルダーは、目黒区にある地元地域専門のハウスメーカーです。目黒区、品川区を中心にそのエリアの特色を活かした住まいをつくるのが強みで、厳しい条件をクリアした快適な住まいをつくるのを得意としています。

城南エリアを中心に、狭小地や二世帯住宅、賃貸併用物件などをお考えの際は、コトブキホームビルダーが一つの選択肢となり得るかもしれません。

本記事では、コトブキホームビルダーが手掛ける家の特徴や費用感、坪単価などを中心に紹介していきます。狭小地や変形地などに家を建てたい場合、どれくらいの費用が必要で、どれほど快適な住まいができるのか、疑問は残ります。最後までご覧になると、ご理解いただけるでしょう。

コトブキホームビルダーの坪単価

コトブキホームビルダーの坪単価は約65~80万円です。

一般的な住宅の坪単価が60万円と言われるため、それと同等か少し高い価格帯といえます。しかし、コトブキホームビルダーがメインで手掛けるのは狭小地物件と言われる難易度の高いもの。そして、坪単価は、狭い物件であるほど高くなりがちです。

コトブキホームビルダーの場合、都心の狭小地を快適に過ごすため、十分な生活空間を確保できる3階建てを基本とし、縦の空間をできる限り活かし、一般的な住宅ではデッドスペースとなるようなところも工夫次第で有効活用するようになります。

手掛ける住宅商品は、他にも二世帯住宅や賃貸併用住宅など、一般的な家より都心という厳しい条件を有効に働かせるといった意識でつくる住まいを手掛けています。

東京のハウスメーカーで同価格帯の平均坪単価

コトブキホームビルダーと同じく、東京の城南エリアや23区中心に手掛けているハウスメーカーと平均坪単価を比較してみましょう。参考までに、4社ほど選んでみました。

各社坪単価
僕らの家約60~130万円
バウハウス約53~64万円
T&W約50~60万円
東京ノイエ約60~100万円

これらは、狭小地に家をつくる実績のあるハウスメーカーです。こうして見比べてみると、コトブキホームビルダーの坪単価は、比較的安いと考えられます。さらに安い会社もありますが、見えないところも丁寧につくり、設備や耐震性、温熱性能に優れたコトブキホームビルダーは、選択肢の中で上位に入ることでしょう。

都内の狭小地に物件を建てたいとお考えであれば、資料請求も含めて情報を収集することをおすすめします。

新宿店!体験レビュー

東京のハウスメーカー商品別の特徴と坪単価

コトブキホームビルダーが手掛ける住宅商品について紹介します。

用意されているのは、大きく分けると3つです。

  • 狭小地に建てる家
  • 二世帯住宅
  • 賃貸併用住宅

基本的には、狭い城南エリアの土地に工夫を施し快適な住宅を建てるが基本ベースになるかと思いますが、ライフプランによっては、両親と一緒に住みたい。子ども夫婦と住みたいなど、二世帯住宅をご希望されるケースもあるでしょう。

また、広い土地をお持ちであれば、賃貸併用住宅という選択肢もあり、家賃収入を得ながら建築費用を相殺していくというパターンも考えられます。

それぞれ見ていきましょう。

狭小地に建てる家

参照:コトブキホームビルダー

狭小地に建てる家は、目黒区・品川区向けの狭小地に建てる新築一戸建ての注文住宅です。

基本プランは、3階建て。縦に空間を使い、生活動線と収納をバランスよく盛り込んだ、狭いながらも快適な家です。

建てる場所の周辺の住宅事情を理解し、採光を工夫したり、耐震や防火を強化したりと安全かつ快適な住まいを実現しています。

空間に無駄な場所は少なく、例えば階段下のデッドスペースを収納場所として工夫したり、屋根裏収納やロフト、屋上、地下室など、限られた敷地を最大限活かす工夫が随所に散りばめられています。

家族の増減によって、変化する家でもあります。

また、行き止まりのない回廊をつくったり、細かく間仕切りをするのではなく、広い部屋を確保し、上部の方ではガラス窓を用いることで、視覚的広さを創り出すことができます。

狭小地にただ家を建てるのではなく、少しでも快適に暮らせるような工夫が随所に見られるのがコトブキホームビルダーの狭小地に建てる家です。

なお、坪単価は、不明です。

二世帯住宅

参照:コトブキホームビルダー

二世帯住宅は、それぞれの世帯のライフスタイルが異なります。生活を助け合えるというメリットがあるものの、プライバシーを守るという点では課題が残ります。そして、どのように生活をするのかという点でも色々な要望があることでしょう。

二世帯住宅といっても大きく4つのタイプに分けることができます。

  • 家族の触れ合いを重視する:結合タイプ
  • 共有エリアを設けて個を重視する:半結合タイプ
  • 生活の一部を程よく共有する:半分離タイプ
  • 親世帯、小世帯をはっきり分ける:分離タイプ

です。

半結合と半分離の違いを補足すると、半分離は、玄関とLDKは共有で使い、浴室は別。半結合は、浴室までも共有で使うといったものです。

共有で使う箇所が多いほど、広く使うことができますし、狭い空間でも工夫次第によっては可能になります。

両方のご家族の意向に沿いながら、ぴったりな二世帯住宅を作り上げるのがコトブキホームビルダーの仕事です。また、狭小地を手掛けている知見を活かし、限られた空間を最大限にする設計を得意としています。

なお、二世帯住宅の坪単価は不明です。

賃貸併用住宅

参照:コトブキホームビルダー

賢く住み、家賃収入を得ながら建築費用を返済していく形の住宅が賃貸併用住宅です。自己資金がなくても融資を受け建設まで持っていけるのが強みです。条件をクリアする必要はありますが、可能かどうかコトブキホームビルダーに問い合わせてみましょう。

入居者がいなければローンの返済もできなくなってしまうため、立地条件が入居しやすい場所なのかも含めて検討が必要です。

都心に家を建てる場合、様々な法的問題をクリアする必要があります。限られた条件下で建築可能な大きさをプランニングし、自宅と賃貸部分の出入口を別にし、動線と視線に注意して設計します。

賃貸住宅の間取りや設備は地域によって人気が異なるため、建設予定地域に詳しい担当者と連携を取りながら、計画を立てることが重要です。

建設プランの例ですが、1階を自宅フロアにし、2階と3階を1フロア2戸ずつつくります。すると賃貸として貸し出せるのは4戸になり、返済と収入のバランスを上手く取ることで、月々の収支をプラスに持っていくことが可能です。

都内だからこそ、入居者が生まれやすく、返済プランも立てやすい住宅が可能となります。

なお、賃貸併用住宅の坪単価は不明です。

コトブキホームビルダーの口コミ評判

コトブキホームビルダーの口コミ、評判を探しましたが、特に見つかりませんでした。

コトブキホームビルダーの3つのメリット

コトブキホームビルダーのメリットについて調べ、考察してみました。それぞれ3つずつ紹介します。

編集部
編集部

狭い土地を快適な住空間にするスペシャリスト

目黒区や品川区といった城南エリアは、商業施設や交通の便が発達しており、住宅としては建てるのが難しい狭小地が多いです。ただ単純に建てるならばどのメーカーでも可能かもしれません。大事なのは長く快適に住み続けられるかどうかです。

コトブキホームビルダーは、狭小地住宅のスペシャリストです。城南エリアを拠点としているため、地元の特性も理解しながら良い住まいをつくるでしょう。

編集部
編集部

断熱技術で暖かい冬を過ごす

都内の冬は想像以上に冷えます。コトブキホームビルダーの断熱技術は、室内の温度は冬でもそこまで下がらず、そこまで暖房に頼らなくても冬を過ごせます。

家全体を断熱材ですっぽりと包み込む技術は、まるで家そのものを魔法瓶に入れるようなイメージです。

冬に暖かく過ごすための技術が「建物保温技術」で、それが標準仕様となっています。

編集部
編集部

地元を知り尽くしたハウスメーカー

コトブキホームビルダーは、目黒区を拠点に置く設立35年以上の会社です。長年城南エリアの家づくりを行ってきたため、地元エリアの強みがあります。

都内のハウスメーカーは、東京全体を網羅しているところもありますが、エリアが違えば特性も大きく異なります。

特に城南エリアで家を建てたいという方には強い味方となるでしょう。

コトブキホームビルダーがおすすめなのはこんな人

コトブキホームビルダーをおすすめできるのは、狭小地物件を建てたい方、そして親世代・子世代の二世帯住宅をつくり、家族で子育てをしたい方、賃貸併用住宅をお考えの方です。

中でも、目黒区や品川区といった城南エリアの狭小地住宅が強みなため、このような住まいを建てたいとお考えの方は第一候補としてあがるハウスメーカーといえます。

長年狭小地を手掛けてきた実績もあるため、城南エリア以外でも都内であれば実績もあるため、依頼できる可能性はあります。

条件が合うかは建てるエリア次第となりますので、一度お問い合わせ、もしくは資料請求をしてみてはいかがでしょうか。