ジェネシス坪単価の80万~120万円!注文住宅の相場・口コミ評判を解説

本記事に広告プロモーションを含みます

ジェネシスは東京都武蔵野市吉祥寺に本社を構えるハウスメーカーで、武蔵野市・三鷹市・練馬区・杉並区・中野区・世田谷区を中心に土地探しから施工まで地元を根ざした住まいづくりを行っています。

家づくりの方向は、自由度の高い完全自由設計の家で、高級住宅を中心に手掛けています。

本記事では、ジェネシスが手掛ける完全フルオーダーの家が、どの程度で建てられるのか、費用に関する面を中心にお届けします。最後までご覧いただくことで、高額と言われがちな自由設計の家も、十分手に届く範囲にあるとわかります。

ジェネシスが手掛けるエリアを中心に新築を建てたいとお考えの方は選択肢の一つとしてご覧ください。

ジェネシスの坪単価

ジェネシスの坪単価は、約80万~120万円です。

設備の整った高級住宅が坪単価80万円からと言われているため、相場通りのハウスメーカーです。高価な高性能住宅ばかりを手掛けているわけではなく、1,000万円台の家づくりも多数手がけているため、コストとバランスを考え、予算内にまとめます。

それを可能にしているのが、4つの工法の中から選ぶスタイルです。

工法に関しては、3章で詳しく解説いたしますが、予算を抑えつつも、耐震性や気密性・断熱性にこだわった家づくりを提案いただけるのは、とても心強いです。

その上で、細かいところは施主様のヒアリングを重視し、図面に落とし込んでいきます。打ち合わせの回数も特に上限はなく、時間が許す限り対応いただけるのもありがたいことでしょう。

躯体のベースは選択式になりますが、それ以外は基本自由設計となるため、要望は細かく出せるハイエンドの家づくりが可能です。

東京のハウスメーカーで同価格帯の平均坪単価

ジェネシスと同じく、東京都内中心に手掛けるハウスメーカーの中で、自由設計が可能な工務店を5社ほど、選んでみました。平均坪単価を中心に比較してみましょう。

各社坪単価
YAZAWA LUMBER約80~120万円
TAINN DESIGN約60~100万円
僕らの家約60~130万円
ハウステックス約100~150万円
ビルズ東京約84~115万円

完全自由設計かつ、高性能な家づくりを行うハウスメーカーですので、その分坪単価は高めになります。このように比較してみると、ジェネシスの平均坪単価は、同じくらいといえます。

より安い価格で建てられるハウスメーカーも存在すると考えられますが、ジェネシスの強みは、予算に応じた工法を選択できるという点にあります。

住まいの細かな要望は多くても、工法に関する要望は出てこないと思います。耐震性や耐久性、メンテナンスのしやすさ、気密性、断熱性を含めた快適さでしょう。

躯体の頑丈さは任せつつ、住みやすさの点では、細かく伝えられるため、その点は魅力的です。

新宿店!体験レビュー

ジェネシスの商品別の特徴と坪単価

ジェネシスのつくる家のコンセプトは、「ここちいい家づくり」です。心と身体が喜び、デザイン面も性能面も優れた家づくりを行っています。

その上で、選択できる工法が4種類あり、基本的には自由設計の家です。パッケージ化された住宅商品はありません。

ここでは、選べる4つの工法について触れさせていただくとともに、標準仕様となっている、断熱性や気密性についても紹介します。

そのため、商品による坪単価の設定はありません。

選べる4つの工法

ジェネシスでは、次の4つの工法から選択し、家づくりを行っていきます。

編集部
編集部

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法は、日本で長く採用され、親しまれた工法です。

柱、筋違、梁、耐力壁などの構造ベースを先に設計し、窓の大きさや数、壁の配置に至るまで、自由度の高い工法です。そのため、大空間や吹き抜けを作ることができたり、ライフスタイルの変化によるリフォームなども行いやく、未来を見据えた工法と言えます。

木造軸組工法では、耐震構造や断熱性能の工場、省エネ住宅など、様々な取り組みに対応が可能となっています。

編集部
編集部

耐震構法・SE構法

SE構法は、柱と梁を互いに剛接合することで、強固な構造躯体を作り上げる構法です。従来では、RC造や鉄骨造で主流だったラーメン構法を木造住宅に取り入れ、地震に負けない強さを有しています。

この構法のメリットは、強度計算ができるため、木造軸組工法では難しかった造作ができるようになった点もメリットです。

例えば、ビルトインガレージや狭小地の3階建て、オーバーハングや屋上利用などです。

編集部
編集部

スーパーウォール工法

スーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱形構造で、航空機や自動車のボディに採用される技術から発展して、家づくりに応用し、高耐震性かつ高気密を実現した方法です。

地震や台風などの強い力が働いても、接合部などには集中せず、建物全体に分散するため、倒壊や崩壊を防ぎます。

構造から、まるで魔法瓶のような気密性を実現し、部屋ごとの温度差が生じにくく、換気も計画的に行えるメリットがあります。

編集部
編集部

APS工法

APS(アップル・ピン・システム)工法は、材木の接合部に使われる金属が表に出ず、木の中に入り込むため、見た目が美しい内装ができあがります。

接合部の金属を中に入れたことによるメリットとして、火災に強くなる点もあげられます。

木は燃えると炭化するため、燃えにくく変化します。内側に金属の接合部があるため、露出した金属に比べ強度が低下しにくい点も。

万一の際の倒壊リスクを減らし、避難時間を確保できるのは強みと言えます。

高気密・高断熱・高耐震の家づくり

ジェネシスの家づくりにおいて、標準仕様となっているのが、高気密・高断熱・高耐震の家です。

どの工法を選んでも、しっかりと検査し、冬暖かく・夏涼しい家を実現しています。

国が2030年までに目標として掲げる断熱数値より優れ、快適な熱が外に逃げないように断熱性の優れた家づくりを行っています。さらに気密性が高いことで、空気が外へ逃げないようにしています。家の隙間は、ハガキ0。8枚分を目標値として設定。

高断熱・高気密を実現することで、夏涼しく、冬暖かい健康的な家が実現できます。

耐震性については、耐震等級3を基本性能とし、安全性を明確にしています。構造計算をしっかり行い、安全が裏付けされた状態で設計を行っています。

ZEHの家

参照:ジェネシス

省エネと創エネが合わさったZEHの家もこれからの時代、重要なポイントです。

ジェネシスでは、スーパーウォール工法で、高気密・高断熱を実現し、計画換気システムによって、省エネを実現します。

創エネ部分の太陽光発電システムに関しても、導入可能ですので、合わせて相談してみると良いでしょう。

ジェネシスの口コミ評判

ジェネシスの3つのメリット

ジェネシスのメリットについて調べ、考察してみました。

メリットを3つ紹介します。

編集部
編集部

予算に合わせて選べる4つの工法

工法によって費用は大きく変わります。予算に合わせて工法が選べるのは大きなメリットです。費用を抑えつつも、耐震性や気密性、断熱性に優れた家づくりを行いますので、ご要望をきっちりお伝えしてみてください。

編集部
編集部

1,000万円台の家づくり実績多数

高性能の家を中心に手掛けますが、費用が大きくなるのではなく、条件によっては抑えられるプランもあります。それを可能にしているのが、工法の選択です。土地やご要望の条件によっては、難しいケースもありますが、細かいところまで相談してみると良いでしょう。

編集部
編集部

土地探しの相談も可

家づくり前のハードルとして、希望するエリアに土地を入手できるのかという点です。土地探しもジェネシスに相談が可能で、さらに一般的な価格より、仲介手数料が半分に設定されているため、土地探しの依頼も費用を抑えるポイントになります。

ジェネシスがおすすめなのはこんな人

ジェネシスがおすすめなのは、以下のような方々です。

  • 安全性と自由度のバランスを取りたい方
  • 杉並エリアを中心に都内で土地を探している方
  • 自由設計の要望を細かく盛り込みたい方
  • 生活動線などにもこだわりたい方
  • 狭小地・変形地などで快適な家を作りたい方

自由設計のメリットと工法による予算合わせが一番の魅力です。さらには、打ち合わせの回数も時間の許す限り行えるため、意思疎通もしっかり図れ、満足できる住まいを実現できるでしょう。

費用の面もどういったことが実現可能かも含め、お問い合わせてみるのをおすすめします。