バウハウス一級建築事務所の坪単価54万~67万円!注文住宅の相場・口コミ評判を解説

本記事に広告プロモーションを含みます

バウハウスは、東京中心に狭小地対応の住まいをつくるプロフェッショナル集団です。

都内の中でも都心に近いエリアは、狭小地や変形地が多く、土地の取引もされています。そのため、狭小地を快適に広く使うための設計は専門性を求められます。

バウハウスでは、ピッコロハウスという名前の狭小敷地、変形敷地に対応した家づくりを行なっています。

東京都心の良いエリアに土地を購入する機会が得られたけれど、果たしてここに快適な家は作れるのか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、バウハウスが手掛けるピッコロハウスを中心に、坪単価や費用感などを紹介します。最後までご覧いただくと、都内で狭小地や変形地に家を建てる予算感などが見えてきます。

バウハウス一級建築事務所の坪単価

バウハウス 一級建築事務所の坪単価は、約54~67万円です。

一般的な住宅の坪単価が60万円程度と言われているため、バウハウスで建てる家は、それと同程度の価格帯になります。

しかし、狭小地は建ぺい率の関係から、それほど敷地面積が取れません。3階建てにし、延床面積を増やすことで、坪単価を下げることに繋がります。

高級住宅ほどの整った設備ではありませんが、耐震性や住む上での快適さはきっちり考えられており、大手メーカー顔負けの素敵な住まいができあがるでしょう。

中には、1,000万円台前半やそれ以下の本体価格で提案されることもあるため、お求めやすい価格帯で新築を建てたい方にはぴったりでしょう。

東京のハウスメーカーで同価格帯の平均坪単価

バウハウスと同じく東京都内で、狭小地を手掛けるハウスメーカーを5社ほど選んでみました。平均坪単価を中心に比較してみましょう。

各社坪単価
兼六土地建物約70~90万円
YAZAWA LUMBER約80~120万円
TAINN DESIGN約60~100万円
僕らの家約60~130万円
細田工務店約85~110万円

狭小地や変形地を得意とするハウスメーカーは、自由設計の家を手掛ける工務店が中心となります。そのため、坪単価を比較してみると、バウハウスの方が安く感じられます。

これらのハウスメーカーは、狭小地も対応可能であり、狭小地専門というわけではありません。どの会社もヒアリングを密に行い、要望を盛り込んでいただけますが、最初から狭小地に家をつくることをお考えであれば、費用面で考えると、バウハウスがファーストチョイスとなる可能性は高いでしょう。

新宿店!体験レビュー

バウハウスの商品別の特徴と坪単価

バウハウスが提案する狭小地、変形地対応の住宅商品は、ピッコロハウスです。

その上で、要望等を丁寧に聞き取り、プランを複数回作成。ご予算に対しての適正なお見積りを提示し、合意が取れたらスタート。

家づくりの流れもきっちり書いてあり、どこからがお申込みで、どこまでが無料相談なのかも明確なので安心できます。

ピッコロハウス

参照:バウハウス

ピッコロハウスの「ピッコロ」は、イタリア語で「小さい」を意味し、狭小地や変形地に対応した家です。

屋根や家の形状、間取りをシンプルにすることで経費削減に繋がり、比較的費用が抑えられた価格での建築ができます。

断熱性も高く、冬場も暖かくなるような素材を採用し、耐震性も優れた強固な設計を行います。

設備や間取り、生活動線などは、ヒアリングを重視し、ご提案。小さい家でも生活スタイルの変化に対応した間取りの変更が可能です。

土地の広さや条件によって細かな部分は変わってきますが、おおよその坪単価は、53万円です(木造2階建て、延床面積20坪)の場合。

バウハウス一級建築事務所の口コミ評判

バウハウス 一級建築事務所の3つのメリット

バウハウス 一級建築事務所のメリットについて調べ、考察してみました。

メリットを3つ紹介します。

編集部
編集部

狭小地のスペシャリストが面白い家をつくる

狭小地に家を建てるスペシャリストが、面白い家をご提案してくれます。敷地面積が限られるとどうしても、手狭に感じたり、制限がかかったりします。しかし、バウハウスは狭小地専門のスペシャリスト。生活する上で重視することをしっかりヒアリングし、生活して面白い家をご提案いただけます。

編集部
編集部

お求めやすい1000万円台からの家

バウハウスが手掛けるピッコロハウスは、お求めやすい1000万円台から。条件によって費用感は異なってきますが、1000万円台で新築物件が建てられるのはとても魅力的です。

編集部
編集部

明確なロードマップ

家づくりをお願いする上で、どこからが有料になるのか、わからないまま話が進んでしまうとトラブルになってしまいます。また、途中どのあたりで大きな支払いがあるのかも気になるところです。

バウハウスでは、家づくりの流れを明確にしており、最初のご相談と現地確認・調査、プラン打ち合わせを経ての概算のお見積りまでは、無料です。そこから先に進む場合、有料となりますが、最初にかかる金額は10万円(お申込み)と30万円(詳細設計)。工事請負契約が成立して、全体の10%のお支払いです。

その後、費用の30%を3回に分けお支払いするタイミングがありますが、どのあたりでどれくらいの費用が発生するのか、明確なのは安心できます。

バウハウス 一級建築事務所がおすすめなのはこんな人

バウハウス 一級建築事務所をおすすめできる方々は、以下のような方です。

  • 狭小地や変形地に家を建てたい方
  • 費用はできる限り抑えたい方
  • 1,000万円台での新築を探している方
  • 小さいながらも耐震性や気密性など気にする方

バウハウスが手掛けるピッコロハウスは、狭小地に対応した家です。さらには狭小地のプロフェッショナルが豊富な実績から豊かな居住空間をご提案してくれるでしょう。

都内で狭小地に家を建てることをお考えの方は、特におすすめです。