ハウスオブデコの坪単価40万~70万円!注文住宅の相場・口コミ評判を解説

本記事に広告プロモーションを含みます

ハウスオブデコは、輸入住宅を専門で扱うハウスメーカーです。施工エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県の関東5県と幅広いエリアが対応可能となっています。

もし、海外デザインの住宅に住んでみたいとお考えの方は、ハウスオブデコを検討してみてはいかがでしょうか。

本記事では、ハウスオブデコが手掛ける輸入住宅商品の種類や価格などを中心に紹介していきます。最後までご覧いただくことで、憧れの海外デザインのお家に住むことが手に届くということがわかるでしょう。

ハウスオブデコの坪単価

ハウスオブデコの坪単価は、約40~70万円です。

アメリカンスタイルやスウェーデンスタイルといった海外デザインの家をフルオーダーで建てようとすると、坪単価100万円近くになります。一般的な住まいでも、坪単価60万円程度が相場と言われるため、ハウス オブ デコの坪単価は安く感じます。

いわゆるローコスト住宅と同等の金額で、輸入住宅が建てられるとするなら、かなりお手頃価格と言えるのではないでしょうか。

気になる耐震面もツーバイフォー工法を採用し、面で支える工法が耐震性を高め、地震に夜変形が少ないと言われています。また、オプションで制振装置をつけることもできるため、気になる方は合わせて相談してみると良いでしょう。

東京のハウスメーカーで同コンセプトの平均坪単価

ハウス オブ デコと同じく海外デザインの住宅を手掛けている工務店の平均坪単価を見てみましょう。

各社坪単価
ノアデザインインク約75~90万円
ロビンスジャパン約40~80万円
スウェーデンハウス約73.5~99.1万円
アップルヤードデザイン約65~80万円
デザインハウス・エフ約35~60万円

会社によっては、ハウス オブ デコより安い坪単価を算出したところもあります。ただ、人気あるデザインスタイルのみ対応可能というケースもあり、9種ものスタイルを提案している会社はありません。

コストを抑えて輸入住宅を建てたい方は、ローコスト住宅を手掛けている会社と相見積りを取ってみることをおすすめします。

新宿店!体験レビュー

ハウスオブデコの商品別の特徴と坪単価

ハウス オブ デコは、外観のデザインと間取り、内装それぞれのパーツをかけ合わせて住まいをつくります。そのため、様々な選択肢から気に入ったものを選んでいくスタイルで進む家づくりは、出来上がりのイメージを想定しやすいでしょう。

家に対するこだわりをどんどんお伝えすることで、イメージ通りの住宅プランがいただけます。

本章では、ハウス オブ デコが手掛ける外観や内観のデザインやパーツについて紹介します。さらに、おおよその費用感が坪数によって決まるため、合わせてお伝えします。

外観デザイン

憧れの輸入住宅といっても外観デザインは様々なスタイルがあります。ハウス オブ デコが手掛けているスタイルは、以下の9通りです。

アメリカンスタイル

参照:ハウスオブデコ

ガレージハウススタイル

参照:ハウスオブデコ

クイーンアンスタイル

参照:ハウスオブデコ

ジョージアンスタイル

スウェーデンスタイル

プロバンススタイル

ブリティッシュスタイル

フレンチスタイル

平屋スタイル

ヨーロッパをベースにアメリカで発展した建築様式から、イギリスの様式でもクイーンアンスタイル、ブリティッシュスタイルなど異なる外観、フレンチスタイルやプロバンススタイルなど、それぞれの国、風土に根ざした建築スタイルが選べます。

ガレージハウスも日本のガレージとは異なり、オーバードアスタイルのデザインに優れたものです。

ご自身の好みにあった建築スタイルを選んでみてはいかがでしょうか。

パーツ

パーツは内装のパーツだけでなく、屋根や壁、玄関ドアに至るまで選ぶことができます。なお、選択できるパーツは以下のとおりです。

エクステリア屋根、外壁、玄関ドア、窓、トリム・モールディング
インテリア扉、床材、階段、トリム・モールディング
キッチン
サニタリーパウダールーム、バスルーム、トイレ
アクセサリーサインプレート、スイッチプレート他

室内の大きな家具や設備だけでなく、細かなところまで選択できるため、あなた好みの家づくりを行えます。

コスト面。輸入住宅の価格

ハウスオブデコの場合、輸入住宅の価格について、おおよその目安を設けています。

2階建て標準仕様、防火無指定の場合は以下の価格になります。

坪数建物価格坪単価
20~25坪1,550~1,900万円77.5~76.0万円
25~30坪1,900~2,200万円76.0~73.3万円
30~35坪2,200~2,500万円73.3~71.4万円
35~40坪2,500~2,700万円71.4~67.5万円
40~45坪2,700~2,950万円67.5~65.6万円
45~50坪2,950~3,150万円65.6~63.0万円
※消費税を含む、本体価格+工事費用の合計目安

準防火、防火地域への建築の場合、建物の防火性能が要求されるため、上記費用にプラスして、さらに費用が発生します。また、地盤調査を行い、基礎の補強が必要と判断された場合は、基礎補強工事の費用も計上されます。

その他、家づくりの際には細かな諸経費がかかってきますが、ご予算内で最大限の提案を行なってくれるのもハウス オブ デコの大きな魅力です。

ハウスオブデコの口コミ評判

ハウスオブデコの3つのメリット

ハウス オブ デコのメリットについて調べ、考察してみました。メリットを3つ紹介します。

編集部
編集部

憧れの輸入住宅を手の届く金額で

高価なイメージのある輸入住宅をローコスト住宅並みの価格で提供している点が大きなメリットです。家は大きな買い物になり、こだわりを突き詰めればその分費用がかさみます。

本体価格が企業努力によって抑えられているのはかなりの魅力と言えるでしょう。

編集部
編集部

こだわりの内観デザインを指定

外観と合わせた内観も、カタログから選ぶ形になりますが自分好みの内装に仕上げられるのは良い点です。内装だけでなく、間取りにおいてもやりたいことをお伝えすると最大限努力してくれるのも心強いですね。

編集部
編集部

日本でも快適に過ごせる耐震性と高気密・高断熱性

輸入住宅は、現地の気候・風土に合わせた住まいをイメージするため、耐震性や断熱性・気密性はどうか気になります。

耐震性においては、ツーバイフォー工法を採用。気密性・断熱性においては、高性能グラスウールとオール樹脂サッシ、複層ガラスを採用。さらに省エネに合わせたカスタマイズも可能です。

地震が多く、高温多湿な日本の夏でも安全かつ快適に過ごせるような仕上がりをみせるでしょう。

ハウス オブ デコがおすすめなのはこんな人

ハウス オブ デコをおすすめできるのは、以下のような方です。

  • 海外デザインの家に住みたい方
  • 他と違う家を建てたい方
  • 限られた予算の中で新築を建てたい方
  • 子育て世代や若い世代

特に、海外デザインの輸入住宅にしたいとお考えの方は、ハウス オブ デコを中心に探してみることをおすすめします。

予算は特に設けず、費用もかけられる方は、自由設計のハウスメーカーを選ぶことをおすすめしますが、限られた予算の中でやりくりしたい方は、ハウス オブ デコが強い味方になってくれるでしょう。

施工エリアも広く、対応できるのは選ぶ上でかなり魅力的です。